木造住宅の耐震化の紹介ページACCESS

 昭和56年6月に建築基準法の改正(耐震基準の強化)が行われましたが、改正後の住宅に比べて、一般に改正前の住宅の耐震性能は低いことがわかっています。

阪神淡路大震災における木造住宅(在来工法)の倒壊率ベース


 いつ起きるかわからない大地震に備え、ご自宅の耐震性能がどの程度あるのかを知り、耐震性能が不十分な場合は、しっかり対策をおこなう必要があります。

 まずは耐震診断を受けましょう。
 →耐震診断・耐震設計・耐震補強を受ける場合は、行政の補助制度を利用できる場合がありますので、事前にお住いの市町村の担当窓口へ相談してみましょう。
 詳しくは、耐震性向上事業トップページの「行政補助制度・相談窓口の紹介」をご覧ください。
『あなたの住まいの地震対策は大丈夫?』チラシデータ
 

耐震診断ってどんなふうにするの?

●木造住宅の耐震診断ってどんなふうにするの?
 木造住宅の耐震診断は、建物の床下や天井の上(小屋裏)まで、様々な場所を建築の専門家がチェックしておこないます。その他、「地盤・基礎」の注意すべき点や、腐朽やシロアリなどの被害も調べられます。ここでは、木造住宅の耐震診断で、どのようなところをチェックするのかご紹介します。

○屋根 −重い屋根は地震力が増大ー
 重たい屋根は、地震の揺れを受けると振り子のように大きく揺れ、建物を倒壊させる恐れがあります。瓦のふき方などから屋根の重さを調べます。
 
○壁 −揺れによるゆがみに耐えられるかー
 開口部が多く壁の少ない面や、筋かい等が入っていない弱い壁が多い住宅では、地震の揺れで建物全体がゆがみ、倒壊することがあります。きちんと筋かいが入っているかなどを、室内・天井の上(小屋裏)・床下などから調べます。
 
○接合部 −柱などの接合部の抜けや外れははないかー
 木造住宅は、壁・柱・はりが一体となって地震に耐えるようになっています。柱とはりや土台との仕口が外れていないかなどを調査します。
 
○基礎 −基礎の崩壊の恐れはないかー
 基礎にひび割れはないか、シロアリの被害はないかなどを調査します。
 
どんな補強方法があるの?
 耐震補強は、部材の接合部、壁、基礎の補強や、屋根の軽量化など様々な方法があります。
 それぞれの具体的な工法については、下記のページから見ることができます。
 
 耐震補強工法ページURL:http://www.pref.osaka.jp/kenshi_kikaku/kikaku_bousai/kouhou.html

木造住宅にお住まいの方へ

 昭和56年以前に建てられた木造住宅の場合、耐震診断・耐震設計・耐震補強を行う場合は、それぞれ下に示すような行政の補助を受けることができます。ただし、市町村によって補助率・限度額などが異なる場合がありますので、詳しくは市町村の担当窓口へお問い合わせください。
 市町村の担当窓口は、耐震性向上事業トップページの「行政補助制度・相談窓口の紹介」から確認してください。




木造住宅の耐震設計・耐震補強にはどのくらいの費用がかかるの?

(府内の民間木造住宅の耐震改修設計費及び工事費
URL:http://www.pref.osaka.jp/kenshi_kikaku/kikaku_bousai/heikinkouji.html